■□■――――――――――――――――――――――――――
□■  ノウハウバンクメールマガジン
■     「これからのマネジメント」
                       経営コンサルタント三科 公孝
       http://www.knowhowbank.net/     
――――――――――――――――――――――――――■□■

2.大企業の中に、中小企業の「強み」を取り入れる

同じ職場内に結婚相手がいる、または家族がいると言いますと、中小企業を思い浮かべることが多いのではないでしょうか。
例えば社長はお父さん。
専務は跡継ぎの長男とお母さん、と言った具合です。

このような家族での企業経営の良さは、円滑なコミュニケーションにあると思います。
そこには安心感があり、信頼感があります。
一体感があり、思惑の違いもありません。
会社の業績が苦しい時には、助け合います。
時には、驚くような粘りも発揮できることでしょう。
意思決定までにかかる時間も短く、企業の小回りはきいています。
当然、大企業病とは無縁。
責任の所在が明確でない、というような官僚主義的な部分もありません。
 
同一の職場内に家族がいるということには魅力があります。
会社は小さいからダメだということはありません。
小さい会社には小さい会社の良さ、「強み」があります。
家族経営には家族の良さ、「強み」があります。

先程、挙げた内容をもう一度確認してみましょう。
 (1)コミュニケーションが充分か。
 (2)会社内の人間関係に安心感はあるか。
 (3)会社内に信頼できる人はいるか。
 (4)上下に関係なく組織に一体感はあるか。
 (5)苦しい時には、部署に関係なく助け合えるか。
 (6)意思決定までの時間はスピーディーかどうか。
 (7)小回りの効く経営ができるかどうか。
 (8)責任の所在は明確か。

この8点を見ていて気付くことがあります。
この8点は、すべて大企業が抱えている大きな悩みであると。
そしてこの8点は、大企業病と呼ばれ、官僚主義的とも呼ばれています。

つまり大企業が抱える大きな問題や悩みには、パパママ企業の強みが効くのだと言えるのです。

一般的には、大企業が素晴らしく、中小、パパママ企業は下に見られる傾向が残念ながら残っています。
しかしながら、大企業が大企業になったからこそ、失くしてしまったモノは、パパママ企業にはしっかりと残されているのです。
 
かつて地球の支配者であった体の大きな恐竜が絶滅ました。
そしてその後、体の小さな哺乳類が取って代わった歴史を私達は知っています。

であれば、私達はそろそろ中小企業の良さ、「強さ」を、もっともっと認識してよいのではないでしょうか。
 
昨今、頻発する企業の不祥事には、愕然とするような隠し事やミスがあります。
何故、基本的な指示が徹底されないのか。
何故、現場で起こっている異常事態が、経営トップにまで伝わってこないのか。

それは、先程の8点が欠けているからです。
様々に報道される多くの企業犯罪は、コミュニケーションの不足から来る、情報の循環の悪さが問題を大きくしています。

人間の体に例えますと、血液に相当するのが情報です。
その情報の流れが充分でなく、体内のところどころで、血管が詰まっている状態。
体内同時多発梗塞とでも名前をつけたくなるような場面です。

先程の日本食研の例を思い浮かべて見ましょう。
日本食研は、大企業でありながら、その中に、家族経営の良さを取り込んでいます。
日本食研の取り組みは、大企業のなかに中小パパママ企業の良さ、強みを取り入れた新しい経営形態であると考えられます。
それは従業員を管理しコントロールするマネジメントではありません。
従業員を一人ひとりの人間として大切に扱うマネジメントです。

**********************************************************
Copyright (C) 2007 know-How Bank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
無断コピーや転載は禁じます
◆発行:株式会社ノウハウバンク http://www.knowhowbank.net/
◆ご意見・お問い合わせ: http://www.knowhowbank.net/Inquiry.html
**********************************************************