経営コンサルタント三科公孝のノウハウバンク
経営コンサルタント三科公孝のプロフィール潟mウハウバンクのメディア情報潟mウハウバンクの活動履歴潟mウハウバンクの会社概要経営コンサルタントの旅日記経営コンサルタント三科公孝への問い合わせ
無料メルマガ登録
■バックナンバーはコチラロハスプロジェクト
■ワーク ライフ バランスの実践・体感








質問一覧
経営コンサルタントを頼むのが初めてなんですが、どんなことをやってもらえますか?

コンサルタントに仕事を頼むと、どれくらい費用がかかるの?

今、悩んでいるんですが、この悩みは誰に相談すればいいの?

コンサルティングを頼む時の注意点は何かありますか?

株式会社ノウハウバンクの特徴は何ですか?

わたしたちは、経営コンサルタントの仕事は、「企業・組織のお医者さん」との考えでコンサルティングを実践しています。
企業や組織が健全に運営するために必要なノウハウを提案させていただきます。

私たちの体がそうであるように、病気やケガの原因は一つではありません。
もちろん治療法や予防法も多岐にわたります。
わたしたちは、これまでコンサルティングを通じ、蓄積してきたノウハウを活用して、皆様のビジネスの「主治医」としてコンサルティングを行っています。

コンサルタント会社が取り扱う商品は、ずばり「コンサルタント」そのものです。
コンサルタント自身の質(経験値や情報量)によって単価は変わってきます。
またコンサルタント会社には、基本的には仕入れがありませんので、コンサルタントの稼働時間(日数)が料金決定の目安になります。

コンサルティングの費用 = コンサルタントの質 × 稼働時間(日数)

ですからご依頼内容によっては、事前の調査、資料作成が必要な案件では、稼働日数も多くなり、コンサルティング料金も変わってまいります。

実はこの辺りのわかりにくさが、皆様がコンサルティングを頼む際、不安になる点だと思います。

株式会社ノウハウバンクでは、「わかりやすいコンサルティング費用」を実現するために、料金ガイドラインを決めています。

一ヶ月あたり一日のご訪問で、基本料金は20万円から30万円を基準(消費税、交通費、宿泊費別途)として、必要と要望に応じてオプションを設定しています。

毎月一日の訪問で間に合わない場合やマーケティング調査や資料作成を頼みたい場合、また報告書作成を頼みたい場合など、事前に打ち合わせをさせていただきますのでご安心ください。

コンサルタントは「企業の主治医」がノウハウバンクの基本方針です。
料金面につきましても、皆様自身の主治医として、安心して付き合えるコンサルタントを選ぶことが大切なことだと思います。

企業運営・組織運営には諸々の悩みがあることと思います。
■人間関係に関すること。
■売上アップに関すること。
■経費ダウン、原価低減に関すること。

その他諸々のすべて・・・

このような諸々の「誰に相談すればいいのか悩むようなお悩み」こそ、経営コンサルタントの領域です。
誰に相談すればいいのかも含めて、まずはご相談ください。

コンサルティング契約をする際の注意点は大きくは二つあると思います。
■一つは「コンサルティング効果」について。
■もう一つは「コンサルティング費用」に関することです。

  1. 「コンサルティング効果」について

    コンサルタントは、情報量も多く、話も上手です。うまい話が随所に出てきます。しかし話に出てきた企業のコンサルティングを実際にやったという保障はありません。

    ですからコンサルタント選びをする際、この質問をすることをお勧めします。

    「実際に○○さんが関わって、実績の上がった企業、数字の上がった企業、成長した企業の話を聞かせてください。」

    この質問に対する答えで、コンサルタントの腕や効果がより把握できることと思います。

    コンサルタントには守秘義務がありますので、すべてをお話しすることはできません。
    しかしそのコンサルタントが実際に関係した案件であれば、守秘義務に関わらないことであれば話してくれるはずです。
    すべてを守秘義務で押し通す時や、実際に自分が関わった話が出てこない時などは注意するとよいのではないでしょうか。

  2. 「コンサルティング料金」について

    コンサルティング費用に関することは、先ほどお話させていただいたとおりです。いずれにしましても、「高過ぎる料金」「安過ぎる料金」には注意が必要です。その料金算出の根拠をしっかりと打ち合わせすることが大切です。

    コンサルタント費用に関する諸問題で以前話を聞いたことがありますのは、事前の承諾もなく、後から「諸費用」として高額な請求がきたという話です。

    このようなトラブルをなくすためには、わからないことをわからないまま契約しないことです。
    また契約前であれ、契約後であれ「納得できない経費は支払わない」という姿勢で、納得できるまで打ち合わせされることが重要です。

    また、契約前に「途中解約」に関することも確認しておくと、安心してコンサルティングを受けられることと思います。

従業員自らがやる気になる、「わかりやすいコンサルティング」が特徴です。




という、「わかりやすさの善循環」を大切にしています。
また株式会社ノウハウバンクのコンサルティング領域は、大きく三つの領域があります。
その一つは、売上アップ、利益アップ、コスト改善の
                    「業績アップコンサルティング」


二つ目は、人の問題や従業員教育を中心とした
           「社員・管理者育成 マネジメントコンサルティング」

三つ目は、地域経済活性化のための
                 「町興し・特産品開発プロジェクト」
です。

この三つに関することでお悩みの方はご相談ください。
まずは何を悩んでいるか?現状、何でお困りか?どうしたいのか?ご連絡ください。



■参考文献一覧
トップページ - 三科公孝プロフィール - メディア情報 - 活動履歴 - 会社案内 - 旅日記 - お問い合わせ
マンスリーネット講演会 - プライバシーポリシー - リンク - FAQ - ロハスプロジェクト - サイトマップ

Copyright c 2007 Know-How Bank Co.,Ltd. All Rights Reserved.